page 10 (ページ10)

Also, take the sun visors apart so parts can be chrome plated.

また、パーツをクロームメッキできるようにサンバイザーを分解してください。

But, it turns out the cardboard is very poor, and metal part is rusty. The metal is riveted to the board.

しかし、それはカードボードは非常に悪いが判明し、金属部分がさびています。金属はボードにリベット留めされています。

Luckily, Bulebird 411 is the same. I have donor pair. This is what mine should look like inside.

幸いにも、ブルーバード411は同じです。 私はドナーペアを持っています。これは、内部にどのように見えるかです。

Previously on the blog, I have said I brought some NOS donor wiring looms.

以前ブログで、私はいくつかの新しい古い在庫ドナー配線織機を持ってきたと述べました。

Both of these have now been taken apart, and cleaned.

これらの両方が分解され、掃除されました。

Leaving each donor loom looking like this;

このように見える各ドナー織機を残します。

Some NOS hoses, two radiator, one breather pipe from valve cover to airbox. I like the braided hoses. Part numbers 21501-14601, 21503-16302 (radiator) and 16571-14700 (breather). The breather pipe might not be quite correct, but it is from a Fairlady SP311/SR311, so it correct for being the same engine/chassis.

一部のNOS(新しい古い在庫)ホース、2つのラジエーター、バルブカバーからエアボックスまでの1つのブリーザーパイプ。編組ホースが好きです。部品番号21501-14601、21503-16302(ラジエーター)および16571-14700(ブリーザー).ブリーザーパイプはcsp311には完全に正しくない可能性がありますが、フェアレディSP311 / SR311からのものであるため、同じエンジン/シャーシであることには問題ありません。

My Silvia has had a strange life. Stripped for restoration 25 years before I brought it. Body swapped to different chassis, twice! Parts originally lost, parts from other Silvia’s. Removing the viynl from the A pillar, I see the body number is not what my body is. My body is 231, and A pillar is 293. I knew the body number were written on the part. I did not know the part number was also stamped.

私のシルビアは奇妙な人生を送ってきました。持ち帰る25年前に修復が始まりました。ボディが別のシャーシに2回交換されました!オリジナルパーツを紛失。 他のシルビアから集めたパーツ。Aピラーからビニールを外すと、ボディ番号が私のボディではないことがわかります。私の体は231、Aの柱は293です。私は車体番号が一部の上に書かれていた知っていました。部品番号も刻印されているのを知りませんでした。

Foot note. The owner of body 293, saw this. These parts will go back to them.

脚注。 体293の持ち主、これを見た。 これらの部品は、彼らに戻ります。

Recently, I decided to take apart a pair of donor seats. They came without the tilt mechanism. They had been refurbished a few years ago. The frames were not broken, unlike my complete seats. The covers were removed are for sale.

最近、私はドナー席のペアを離れて取ることにしました。彼らは傾斜機構なしで来ました。彼らは数年前に改装されていました。フレームは、私の完全な席と違って、壊れていませんでした。取り外したカバーは販売用です。

Being taken apart. 解体されます。

After a lot of cleaning to remove the glue, the frames went to be aqua-blasted.

接着剤を取り除くために多くの洗浄を行った後、フレームはアクアブラストされました。

Then the frames were powder coated.

次に、フレームに粉体塗装を施しました。

I also polished the knob that adjusts the legroomon the seat. Polished on the right.

私はまた、席に足元を調整ノブを研磨しました. 右側にポリッシュ。

%d bloggers like this: