page 10 (ページ10)

Also, take the sun visors apart so parts can be chrome plated.

また、パーツをクロームメッキできるようにサンバイザーを分解してください。

But, it turns out the cardboard is very poor, and metal part is rusty. The metal is riveted to the board.

しかし、それはカードボードは非常に悪いが判明し、金属部分がさびています。金属はボードにリベット留めされています。

Luckily, Bulebird 411 is the same. I have donor pair. This is what mine should look like inside.

幸いにも、ブルーバード411は同じです。 私はドナーペアを持っています。これは、内部にどのように見えるかです。

Previously on the blog, I have said I brought some NOS donor wiring looms.

以前ブログで、私はいくつかの新しい古い在庫ドナー配線織機を持ってきたと述べました。

Both of these have now been taken apart, and cleaned.

これらの両方が分解され、掃除されました。

Leaving each donor loom looking like this;

このように見える各ドナー織機を残します。

Some NOS hoses, two radiator, one breather pipe from valve cover to airbox. I like the braided hoses. Part numbers 21501-14601, 21503-16302 (radiator) and 16571-14700 (breather). The breather pipe might not be quite correct, but it is from a Fairlady SP311/SR311, so it correct for being the same engine/chassis.

一部のNOS(新しい古い在庫)ホース、2つのラジエーター、バルブカバーからエアボックスまでの1つのブリーザーパイプ。編組ホースが好きです。部品番号21501-14601、21503-16302(ラジエーター)および16571-14700(ブリーザー).ブリーザーパイプはcsp311には完全に正しくない可能性がありますが、フェアレディSP311 / SR311からのものであるため、同じエンジン/シャーシであることには問題ありません。

My Silvia has had a strange life. Stripped for restoration 25 years before I brought it. Body swapped to different chassis, twice! Parts originally lost, parts from other Silvia’s. Removing the viynl from the A pillar, I see the body number is not what my body is. My body is 231, and A pillar is 293. I knew the body number were written on the part. I did not know the part number was also stamped.

私のシルビアは奇妙な人生を送ってきました。持ち帰る25年前に修復が始まりました。ボディが別のシャーシに2回交換されました!オリジナルパーツを紛失。 他のシルビアから集めたパーツ。Aピラーからビニールを外すと、ボディ番号が私のボディではないことがわかります。私の体は231、Aの柱は293です。私は車体番号が一部の上に書かれていた知っていました。部品番号も刻印されているのを知りませんでした。

Foot note. The owner of body 293, saw this. These parts will go back to them.

脚注。 体293の持ち主、これを見た。 これらの部品は、彼らに戻ります。

Recently, I decided to take apart a pair of donor seats. They came without the tilt mechanism. They had been refurbished a few years ago. The frames were not broken, unlike my complete seats. The covers were removed are for sale.

最近、私はドナー席のペアを離れて取ることにしました。彼らは傾斜機構なしで来ました。彼らは数年前に改装されていました。フレームは、私の完全な席と違って、壊れていませんでした。取り外したカバーは販売用です。

Being taken apart. 解体されます。

After a lot of cleaning to remove the glue, the frames went to be aqua-blasted.

接着剤を取り除くために多くの洗浄を行った後、フレームはアクアブラストされました。

Then the frames were powder coated.

次に、フレームに粉体塗装を施しました。

I also polished the knob that adjusts the legroomon the seat. Polished on the right.

私はまた、席に足元を調整ノブを研磨しました. 右側にポリッシュ。

Another NOS headlamp. I have a set, but this was not much money, so I buy.

別の新しい古いストックヘッドランプ。 セットはありますが、あまりお金がかからなかったので買います。

Also, part of the door trim is in poor condition. This goes on both doors, against the glass. A door fuzzie. From SP311, part number 80330-12900 and 80331-12900. It may not be the correct part for the Silvia, as it is a little short, but at least it will do the required job.

また、ドアトリムの一部の状態が悪い.これは、ガラスに対して、両方のドアに行きます。 ドアファジー。SP311以降、部品番号80330-12900および80331-12900。それは少し短いですように、それは、シルビアの正しい部分ではないかもしれないが、少なくとも、それが必要な仕事を行います。

Long term, I have been working on making numberplate lens. It is slow, but progress is being made. It maybe not quite correct in how the lens attaches, but I have very little information to help me. But what I am doing will work.

長期的にはナンバープレートレンズの製作に取り組んでいます。 遅いですが、進歩しています。 レンズの取り付け方は正しくないかもしれませんが、役立つ情報はほとんどありません。 しかし、私がしていることはうまくいくでしょう。

A while ago, I was speaking to my friend about Silvia seats. Especially that there are two types of knob on the seat rake lever. He sent me this picture. I had seen this Silvia on the web before. And I noticed something particularly different. Can you see?

しばらく前に、私はシルビアの座席についての私の友人に話していました. 特にシートレーキレバーには2種類のノブがあります。彼は私にこの絵を送りました。 私は以前にこのシルビアをウェブで見たことがあります。そして、私は特に違うことに気づきました。 見えますか?

The handbrake is on the left side of the transmission tunnel. This is different.

ハンドブレーキはトランスミッショントンネルの左側にあります。これは異なっています。

All SP310, SP311, SR311, S30Z whether domestic market, or export market (left or right hand drive) all have handbrakes on the right of the transmission tunnel. This is the same for the CSP311. Nissan did not make body and parts differences to accommodate the handbrake made available on both sides of the transmission tunnel for cars for sale to the general public, it did not happen. The only time we see a handbrake lever on the left is on a Nissan factory works car, e.g. one of the Fairlady Z rally cars. So, why does this Silvia have a handbrake lever on the left?

すべてのSP310、SP311、SR311、S30Zは、国内市場、または輸出市場(左ハンドルまたは右ハンドル)のいずれであっても、トランスミッショントンネルの右側にハンドブレーキがあります。これはCSP311でも同じです。日産は、一般向けの自動車用トランスミッショントンネルの両側にあるハンドブレーキに対応するために、ボディとパーツの違いを作りませんでした。左側にハンドブレーキレバーが見えるのは、日産のファクトリーワークスカーだけです。フェアレディZラリーカーの1台。では、なぜこのシルビアの左側にハンドブレーキレバーがあるのでしょうか。

We know this Silvia is SP311-00027. An early car. The handbrake looks very much the same as any other handbrake fitted to a Silvia. The position on the tunnel is the same (except on the other side). So, there are some options why this is so.

このシルビアはSP311-00027です。初期の車。ハンドブレーキは、シルビアに取り付けられている他のハンドブレーキとほとんど同じように見えます。トンネル上の位置は同じです(反対側を除く)。したがって、これがそうである理由はいくつかあります。

1. Is this Silvia the left hand drive prototype Nissan produced in 1964? And Nissan repurposed the prototype into a production model? Changed everything else from left to right hand drive (e.g. steering, bulkhead/dashboard)?  It would not cause a problem having the handbrake on the left when driving this car. A little inconvenience when the handbrake is applied (have to reach over the centre console [as it is in the way]).

1. このシルビアは、1964年に日産が製造した左ハンドルのプロトタイプですか?そして日産はプロトタイプを生産モデルに転用しましたか?他のすべてを左ハンドルから右ハンドルに変更しましたか(ステアリング、バルクヘッド/ダッシュボードなど)? この車を運転するとき、左側にハンドブレーキがあれば問題はありません。ハンドブレーキをかけると少し不便です(センターコンソールに手を伸ばす必要があります[邪魔になります])。

2. Was the handbrake changed later in the car’s life by an owner? It does not make sense to do so. Nissan ergonomically positioned the handbrake lever for ease of use. Why move it to be more difficult to use? To swap to the other side is not easy to do. There are engineering challenges to change.

2. ハンドブレーキは、車の寿命の後半に所有者によって変更されましたか?そうすることは意味がありません。日産は、使いやすさのために人間工学的にハンドブレーキレバーを配置しました。 なぜそれをより使いにくくするために動かすのですか?反対側へのスワップを行うことは容易ではありません。変化に対するエンジニアリング上の課題があります。

A new hole made on the other side of the transmission tunnel. Place new fixings on the centre console (left side) for handbrake lever gaiter.  Control-hand brake (number 4) and rod-centre link (number 19) have a tapered fitting to join. The tapered hole in the control-hand brake would have to be swapped to the other side. This is welded into the handbrake lever, so would need to be cut out.
Number 4 would have be mirrored as the part is stepped away from the fixing holes. It cannot be flipped over to work. The bracket on number 19 (which attaches assy-cable, hand brake front) I think it would be in the wrong position. It is welded on.

送電トンネルの反対側に作られた新しい穴。ハンドブレーキレバーゲートルのためのセンターコンソール(左側)に、新たな固定具を置きます。コントロールハンドブレーキ(番号4)とロッドセンターリンク(番号19)には、結合するテーパーフィッティングがあります。コントロールハンドブレーキのテーパー穴は反対側に交換する必要があります。これは、ハンドブレーキレバーに溶接されているので、切り出す必要があるであろう。パーツが固定穴から離れるにつれて、番号4はミラーリングされます。それは仕事にひっくり返さすることはできません。私が考える(ASSYケーブルを取り付ける、ハンドブレーキの正面)番号19のブラケットは、間違った位置にあります。溶接されています。

Part number 5 (in handbrake linkage) mounts to the driver side floor (right hand drive). So logic would say if handbrake on the left, this needs to be on the left. Part number 29 (and the un-labelled part below 36) which are mounted on the axle, would have to move from the right to about the centre of the axle. Then part numbers 37 and 40 would have to be different lengths. I think if the handbrake is not adapted all the way from end to end, the geometry will be altered and the handbrake may not work as well.

部品番号5(ハンドブレーキリンケージ)は、運転席側のフロア(右ハンドル)に取り付けられます。したがって、ロジックでは、左側にハンドブレーキがある場合、これは左側にある必要があります。車軸に取り付けられている部品番号29(および36の下のラベルのない部品)は、車軸の右からほぼ中央に移動する必要があります。その場合、部品番号37と40は異なる長さである必要があります。私はハンドブレーキが端から端まですべての方法を適応していない場合、ジオメトリが変更され、ハンドブレーキが同様の仕事ではないかもしれないと思います。

3. The other option is the handbrake was placed on the left by the factory. Either for a race car (where the handbrake is used little), and is out of the way of the driver, or a client specifically requested this when they ordered their Silvia. This seems strange now, but if you had the status and money, Nissan would honour this request back in the 1960’s and 1970’s. It is known for other models, a few extra cars were built after production officially ceased. So changing the position of a handbrake is an easier request to cater for, than building another car. This may help explain why, according to Nissan, 8 Silvia’s were sold in 1969, 1 in 1970, and 1 in 1974. Production finished in 1968.

3. もう1つのオプションは、ハンドブレーキが工場によって左側に配置されたことです。レースカー(ハンドブレーキがほとんど使用されていない)の場合で、ドライバーの邪魔にならないか、クライアントがシルビアを注文したときにこれを具体的に要求しました。これは今では奇妙に思えますが、あなたがステータスとお金を持っていれば、日産は1960年代と1970年代にこの要求を尊重します。他のモデルでも知られていますが、正式に生産が終了した後、いくつかの追加の車が製造されました。したがって、ハンドブレーキの位置を変更することは、別の車を作るよりも簡単に対応できます。これは、日産によれば、1969年に8台、1970年に1台、1974年に1台のシルビアが販売された理由を説明するのに役立つかもしれません。生産は1968年に終了しました。

This is very different and interesting to see why this Silvia is like this.

これは非常に異なっており、このシルビアはこのようなものである理由を見るのは興味深いです。

%d bloggers like this: