page 5 (ページ5)

I have a used one of these headlight relays that I am restoring, which was mentioned earlier in the blog. But I found a NOS one.

私は以前のブログで述べた私は復元していますこれらのヘッドライトリレー、のいずれか使用しています。しかし、私は、NOS(新古品)の1を発見しました。

DSCF1795

DSCF1796

DSCF1797

On a previous blog page I took apart a windscreen wiper linkage, well, it was in poor condition compared to the one I have. So, I took this apart for restoration. The bolts and nuts are metric in size, I was expecting imperial.

私はフロントガラスのワイパーリンケージを離れて取った前回のブログのページで、よく、それは私が持っているものと比較して悪い状態にありました。だから、私は修復のために離れてこれを取りました。ボルトとナットのサイズはメートル法であり、私は帝国期待していました。

DSCF1798

The linkage is held together by circlips, some of these are made of very soft steel, and won’t be used again, I will replace with proper hardened ones.

リンケージは、私は適切な硬化のものに置き換えられます、サークリップによって、これらのいくつかは非常に柔らかい鋼で作られて一緒に保持され、再び使用されることはありません。

DSCF1799

Also sandwiched between some of the linkage, there are some felt washers.

また、リンケージの一部との間に挟まれ、一部には、洗濯機を感じがあります.

DSCF1802

DSCF1803

DSCF1804

The wiper spindles have a brass bushing inside.

ワイパースピンドルは真鍮が内側ブッシュ持っています。

DSCF1801

Motor separated from mounting plate, and plate bushes removed.

モーターが取り付けプレートから分離し、そしてプレートの茂みを除去しました。

DSCF1807

DSCF1808

Motor was orginally painted black. This confirmed by looking at parts catalogue and workshop manual. And motor once cleaned up.

モーターは、もともと黒塗られていました。これは、部品カタログやワークショップマニュアルを見ることで確認しました。そして、モータが一度にクリーンアップ.

DSCF1809

DSCF1810

DSCF1811

Wiper motor went to an auto electrician to be tested and found to not work. Required a complete rebuild.

ワイパーモータは、試験する自動電気技師に行って、動作しないことがわかりました。完全な再構築は必須です。

Wiper motor painted. ワイパーモーターが描きました。

windscreen1

wdscreenm

Door latch mechanism getting ready for aqua blasting. Shown against new latch. Rod connecting latch and handle mechanism is pressed together and will need grinding off, and new pivot pin added.

ドアのラッチ機構アクアブラストのための準備。新しいラッチに対して示します。ロッド接続ラッチとハンドル機構は、一緒に押され、研削をオフに必要になりますし、新しいピボットピンが追加されました。

DSCF1812

DSCF1813

Part of the door latch mechanism is broken off (top left edge) on the old part. Good job I am replacing them!

ドアラッチ機構の一部は、古い部分に(上部左端)打ち切られます。良い仕事、私はそれらを交換しています!

DSCF1820

At the other end from the door latch mechanism (connected with rod) is the mechanism the interior door handle attaches to.

(ロッドに接続されている)ドアラッチ機構からのもう一方の端で内部ドアハンドルがあまりにも添付メカニズムがあります.

DSCF1814

The connecting rod is held onto the door latch mechanism by a pivot pin that has formed a rivet. This has to be removed so a new door latch mechanism can be used, and the rest of the door mechansim can be aqua blasted for plating.

コネクティングロッドは、リベットを形成しているピボットピンによってドアラッチ機構上に保持されています。これは、新しいドアラッチ機構を使用することができるので、除去する必要があり、ドア機構の残りの部分は水がめっきにブラストすることができます。

DSCF1818

DSCF1821

DSCF1823

DSCF1822

DSCF1824

Window winder mechanism ready for aqua blasting as well.

アクアは、同様にブラストの準備ができてウィンドウワインダー機構

DSCF1816

After a long wait, parts I put in to be chromed are back!

長い待ち時間の後、私は入れ部分はクロームメッキするには戻ってきました!

chrome overview

chrome overview1

chrome overview2

chrome overview3

Close ups! クローズアップ!

wing badge

wing badge1

boot badge

chrome heater grate

grab handle covers

indicator

quarter light pivots

coat hooks

vent covers

Very pleased, considering that some of the parts are made of zamak which is hard to repair and the impurities came out whilst chroming, meaning repeated tries to get right.

非常に満足して、部品の一部を修復することは困難であるザマックで作られており、不純物は、クロム処理権利を取得するために反復試行を意味しながら出てきていることを考慮。

The chrome platers I am using wanted the windscreen cowl grill taken apart to make sure all the rust would be removed. It is welded, so a little tricky to remove, I used a little milling bit.

私が使用してクロムめっき装置は、離れて撮影したフロントガラスカウルグリルは、すべてのさびが除去されることを確認したかったです。それは、私は少しフライスビットを使用し、削除するので、少しトリッキー、溶接されています。

They will be glued back together after chrome plating.

彼らはクロムメッキ後戻って一緒に接着されます。

windscreen vent1

windscreen vent

windscreen vent2

Parts back from aqua-blasting, here is how some of the parts turned out;

部品の一部が判明どのようにバックアクアブラストからの部品は、ここにあります。

horns blasted

horns blasted1

headlight buckets blasted

headlight buckets blasted1

Rear light housings. リアライトハウジング。

light backs

Boot lid catch. トランクリッドキャッチ。

boot catch

Just arrived, a second hand boot lid from Japan, which is in much better condition than my one. Needs work but easily restorable compared to what I had.

ただ、中に私のものよりもはるかに良い状態である日本からの中古トランクリッドに到着しました。仕事が、私は持っていたものに比べて簡単に復元する必要があります。

bootlid

screen rubbers

One of my first purchases in about 2009. Prices have risen sharply since I bought these.

私はこれらを購入して以来、約2009年価格での私の最初の購入の一つは急激に上昇しています。

Trial fitment of headlamp assembly, as I was unsure what I due to missing a couple of parts. I managed to get another part assembled unit, which gave me enough and a headlamp bucket free. Still have to source a original Nissan outer headlamp.

私は何を私による部品のカップルが欠けに不明な点があったように、ヘッドランプアセンブリの裁判備品、。私は十分に私を与えた別の部分組み立てられたユニット、無料のヘッドランプのバケツを得ることができました。まだ元の日産外のヘッドランプを供給する必要があります。

headlamp trial

Just arrived, NOS wiring connectors from loom to headlamps.

ただ、ヘッドランプに織機から、新しい古い株式配線コネクタを入荷しました。

headlamp wiring

Recently purchased, Fairlady roadster (sp311) parts that will fit.

最近収まる、フェアレディロードスター(SP311)の部品を購入しました。

roadster bits

Made wooden jig to hold the quarter light window handles so they can be held for drilling.

彼らは掘削のために保持することができるので、四半期光ウィンドウハンドルを保持するために木製の治具を作りました。

quarter-handles-block

More back from the powder coaters. Plus windscreen wiper attached to newly powdered plate.

もっとバック粉末コーターから。プラスワイパーは、新たに粉末状のプレートに取り付けられています。

pwder

pwder-front-val

pwder-wiper-motor

NOS fuel lid lock. A great find to replace the very good condition second hand one I had, now for sale.

新しい古い在庫フューエルリッドロック。 私が持っていた非常に良い状態の秒針を、現在販売のために置き換えるための素晴らしい発見

fuel-lid-lock

Finally, the next batch back from the chrome platers. Worth the wait.

最後に、次のバッチをクロムプラターから戻します。 待つ価値がある。

chrome-70117

chrome-rear-light-bezel

I am also doing a reproduction SP311/SR311 option footrest ( original part number 74340-25500) for my Silvia, the hoop back from the chrome shop. The feet are powder coated, just have to make the rivets to join together. Also, the rubber ribbed part I have had made as well. These I see can be found reproduced in Japan as well, but I was too far into making mine to stop and buy the Japanese re-produced one.

また、クロームショップからのフープシルビアの再生SP311 / SR311オプションフットレスト(オリジナルパーツナンバー74340-25500)も行っています。 足は粉体塗装されており、リベットを一緒に接合する必要があります。 また、ゴム製のリブ付き部分も作りました。 日本でも再現されていますが、私は日本の再生産品を買って買うのは難しいです。

footrest-chrome1

footrest-chrome

footrest-chrome2

Next lot dropeed off for chrome. The headlamp covers are going to require a lot of work to make good.

次のロットはクロムのために落ちた。 ヘッドランプのカバーは、良いものを作るために多くの仕事を必要とするでしょう。

next-lot-for-chrome

Headlamp base plates have cracks where they fix to car, so welded up. Then sanded down.

ヘッドランドのベースレスは、それでは溶着し、彼らは車に固定する亀裂を持っています。 そして、ダウンサンディング。

These front badges have been finally finished. Now sold to a Silvia owner in Japan.

これらのフロントバッジがようやく終了しました。日本のシルビアオーナーに売却されました。

A few parts powder coated. Boot catch, bonnet stay and battery clamp.

少ない部品粉末がコーティングされました。ブートキャッチ、ボンネットステー、バッテリークランプ。

Advertisements
%d bloggers like this: