page 7 (ページ7)

Are the reflectors on your CSP311 rear tail light lens not a tight fit? Are they looking tired? Not found correct looking replacement?

I have found a Kioto replacement that is very close. See images. They are about 2mm less in diameter. A washer needs made to fix reflector to rear lens. The reflector in image is new old stock. The original CSP311 reflector has a step up from the metal band. The new reflector does not.

Where did I get these? I am sad to say they came off another couple of old Japanese cars. Mazda familia 1000 coupe 1965-67, Mazda luce sport 1500, 1969 and can be found on some Toyota FJ40’s.

あなたのCSP311リアライトテールライトレンズのリフレクタはしっかりとフィットしていませんか? 彼らは疲れていますか? 正しい探して交換が見つかりませんか?

非常に近いキオトの交換が見つかりました。 画像を参照してください。 それらは直径が約2mm小さい。 リフレクターを後ろのレンズに固定するためのワッシャーが必要です。 画像内の反射板は新古品です。オリジナルCSP311リフレクタは、金属バンドからのステップアップを有しています。 新しいリフレクターはそうではありません。

私はこれらをどこで買いましたの? 私は、彼らが昔の日本車の別のカップルをオフに来たと言って悲しいです。マツダファミリア1000クーペ 1965-67年, スポーツ1500 1969年,そして、いくつかのトヨタFJ40の。

Original reflector オリジナルリフレクター

Replacement reflector 交換用リフレクター

The instrument gauges wiring loom has rusty bulb holders. I bought second hand ones, that I have had re-plated.

計器ゲージの配線織機には、錆びた電球ホルダーがあります。私は再メッキ持っていたことを、秒針のものを買いました。

A few new parts. いくつかの新しい部品。

After plating parts, here is the heater control being assembled. I even took the switch apart. So back of switch could be plated.

部品をメッキした後、ヒーターコントロールが組み立てられます。私はスイッチを切り離した。 だから、バックスイッチのメッキすることができます。

Masking for glue over spill. Attaching control plate back.

流出オーバー糊用マスキング。 バック・コントロール・プレートを取り付けます。

The finished control unit. 完成した制御ユニット。

Some new parts. Reproduction upper ball joints. Grommets, mainly for bulkhead, but also for heater and throttle pedal.

いくつかの新しい部品。 生殖アッパーボールジョイント。 グロメット(主に隔壁用)、ヒーターとスロットルペダル用。

A couple of 1960’s period grille badges to eventually go on my Silvia.

最終的に私のシルビアに行くために1960年代から期間グリルバッジのカップル、。

The Suzuka grille badge is quite apt, as the the Silvia did race there in 1966.

1966年にシルビアがレースを行ったので、鈴鹿グリルのバッジはかなり適当です。

Two handbrake assemblies taken apart. Showing all the parts, except a couple of springs and the locking block.
To be restored by re-chrome and yellow zinc plating.

2つのハンドブレーキアセンブリが分離されています。2つのスプリングとロックブロック以外のすべてのパーツを表示しています。再クロムと黄色の亜鉛メッキにより復元します。

I do not have the correct frame to hold the washer screen bottle (new one is shown towards top of this page). One from the SP310/SP311 is cut and bent to form a better representation of an original. It just needs welding and fixing holes drilled.

私は、フロントガラスのウォッシャーボトルを保持するために、正しいフレームを持っていません( 新しいものは、このページの最上部に向かって示されています)。SP310 / SP311からのものは、オリジナルのより良い表現を形成するためにカットされて、曲げられます。それだけでドリル溶接固定穴を必要とします。


Original one 元のもの。

Now welded together. 2つの部分が今一緒に溶接します。

Another batch of parts cleaned.部品の別のバッチが洗浄されました。

As my silvia was stripped down 25 years ago, I do not have any correct nuts/screws etc. These are from a bluebird 411. I will use after being cleaned and plated.

私のシルビアは25年前に剥ぎ取られたので、私は正しいナット/ネジなどを持っていません。これらはブルーバード411からのものです。私は掃除やメッキされた後に使用します。

After a lot of effort, the window glass separates from the metal runner. Why, my glass is scratched and requires polishing, and the metal runner is rusty.

多くの努力をした後、窓ガラスは金属ランナーから外れます。なぜなら、私のガラスは傷がついてて磨が必要で、金属製のランナーはさびています。

Silvia front grille back from chrome plating. The finish is satin, rather than bright. It looks more like the original matt polished aluminium and lacquered.

バッククロームメッキからシルビアフロントグリル。 仕上げはサテンです。明るいというよりは。これは、より多くのオリジナルマット磨かれたアルミニウムと漆塗りのように見えます。

matt and polished for comparison.
比較のためにつや消しにして磨いた。

Another batch of blasted parts. Included are the window runners.

ブラスト部品の別のバッチ.窓のランナーが含まれています。

Another pair of number plate light housings. One was very rusty, and when blasting, it has made a few small holes.

ナンバープレートライトハウジングのもう一つのペア。1つは非常に錆びていました、そして発破するとき、それはいくつかの小さな穴を作りました。

The yellow zinc is not very reflective for lighting purposes. So, I coated the inside of the rear light housing with aluminium tape. Aluminium is used for the reflective coating of headlights.

黄色い亜鉛は照明目的のためにそれほど反射しません.そこで、リアライトハウジングの内側をアルミテープでコーティングしました。アルミニウムはヘッドライトの反射コーティングに使用されます。

Newly refurbished CSP311 air filter housing.

新しく改装されたCSP311エアフィルターハウジング。

This part of the centre console frame (ash tray and sliding lid), had to have the plastic runners removed, for zinc plating. The original rivets were destroyed. So, I used these threaded rivets, stainless steel.

センターコンソールフレームのこの部分(アシストレイとスライディンググリッド)は、プラスチック製のランナーを取りはずされませんでした,亜鉛めっき用。。オリジナルリベットは、破壊されました。それで、私はこれらのねじ込みリベット、ステンレス鋼を使いました。

%d bloggers like this: