page 11 (ページ11)

Also since the plating came back, other parts could be assembled. Like the grab handles. The clip at the end was plated. Small and it will not be seen, but I know it is done to a high standard.

また、メッキが戻ってきたので、他の部品を組み立てることができました。グラブハンドルのように。 最後のクリップはメッキされていました。 小さくて見られませんが、高水準で行われていることは承知しています。

I brought a NOS resistor in its original Nissan box. As you can see, it is not looking very new.

オリジナルの日産ボックスを備えたニューオールドストック抵抗器を持ってきました。 ご覧のとおり、それほど新しくはありません。

And after some work. そして、いくつかの作業の後。

The heater motor has taken far too long to restore. Mainly because parts were lost at the plating business. I had to buy another secondhand motor to help complete the assembly. I made new brass bearings and felt washers. Here are some photos of the parts inside the motor and assembly.

ヒーターモーターの復元に時間がかかりすぎました。 主な理由は、めっき事業で部品が紛失したためです。 組み立てを完了するために、別の中古モーターを購入する必要がありました。 新しい真ちゅう製のベアリングとフェルトワッシャーを作りました。モーターとアセンブリの内部の部品の写真をいくつか示します。

Another project I am slowly doing is making new clips. These clips go between the chassis and the body. Mine are in poor condition. So, I brought some steel plate the correct gauge, and had them laser cut to size.

私がゆっくりとやっているもう一つのプロジェクトは、新しいクリップを作ることです。これらのクリップは、シャーシと本体の間にあります。 私のクリップの状態は良くありません。それで、私はいくつかの鋼板を正しいゲージに持ってきて、それらをサイズにレーザーカットさせました。

I have been drilling the holes in the plates. The nut requires cutting down to be the correct height. All done on my lathe.

プレートに穴を開けています。 ナットは正しい高さにカットダウンする必要があります。 すべて私の旋盤で行われました。

I had my bumper brackets yellow zinc plated. Mainly to get some rust protection between the plates that make up the bracket. Then I had them powder coated.

バンパーブラケットに黄色の亜鉛メッキを施しました。 主に、ブラケットを構成するプレート間の防錆のためです。 それから私はそれらに粉体塗装をしてもらいました。

Dedicated to the first generation Nissan Silvia car, model code CSP311.

%d bloggers like this: