CSP311 design myth (CSP311デザイン神話)

The design of the Silvia should be a straight forward affair and be far less complicated. As pointed out in the Silvia development history page, KIMURA Kazuo has/should be given the credit for the exterior design. But a myth has grown over the years with the wrong person being implied or attributed to the exterior design. I have objectively for about 10 years been gathering/seeing a lot of Silvia information, but the facts are getting swamped with this falsehood. Now it’s time this myth is put back into a more truthful context.

シルビアのデザインはまっすぐでなければならず、はるかに複雑ではありません。シルヴィア発達の歴史のページで指摘したように、木村一男は/エックスステラデザインのための信用を与えることができるものです。しかし、間違った人物が暗示された、外装デザインによっては、神話が長年にわたって成長してきました。私は約10年間客観的にシルビアの情報を集めて見てしまったが、事実はこの虚偽に襲われています。今は、この神話がより真実の文脈に戻される時です。

It hasn’t helped that some writers and journalists for the automotive media, who are partly driven by goals to get something/anything published, or even to write to their target audience what they want to read, rather than the correct facts, they are simply “reporting” what others say. No need to personally verify facts, nor even accurately quote sources, just paraphrase. In today’s world, it is so easy for anyone to copy from a website. Even today with some within the first-generation Silvia community they perpetuate this wrongness. Coupled with a barrier of language and culture existed during the 1960/1970’s towards the Japanese, and with the fact that the world was a bigger place. That barrier of language is still there, though the evidence for the Silvia design is freely available to view, it just so happens that the vast majority is in Japanese.

これは、自動車メディアのためのいくつかの作家やジャーナリストことを助けていません, 一部が公開された何か/何かを得るために目標によって駆動されている方、あるいは、彼らはむしろ正しい事実よりも、読みたいものを自分のターゲットオーディエンスに書き込みます, 彼らは単に他の人が言うことを単に「報告」しているだけです。個人的に事実を確認する必要はありません、ソースを正確に引用することもなく、簡単に言えばればよ。今日の世界では、誰もがウェブサイトからコピーするのはとても簡単です。今日でも、彼はこの違和感を永続させる第一世代シルビアコミュニティー内のいくつつとと。1960年代と1970年代の間に存在していた言語と文化の障壁と、そして世界は大きな場所だったという事実に。シビア設計のための証拠は見てここで自由に利用可能ですが、言語の障壁が、それでもそこに、ちょうどので、大半が日本人であることを起算します。

(Count- was he?) Albrecht Goertz is the myth that has grown for the Silvia design (and other car designs). I have yet to see, nor has anyone shown any corroborating evidence, e.g. design sketches, corroborating testimony from staff within Nissan during the early to mid-1960’s. Nothing in his autobiography, nothing from the “Goertz did the design fan base” either. Let’s spell it out, there is no real evidence. Only whiffs, built on nothingness or continuing to perpetuate this wrongness based on…? No wonder the myth has built up over time. Fake news is not a new phenomenon. Whilst there are real design sketches and corroborating evidence clearly supports KIMURA sans work for the exterior design, this gets dismissed, why?

カウント – ?彼だった)アルブレヒトゲルツはシルビアの設計(および他の車の設計)のために成長してきた神話です。私はまだ見ていないし、誰も確証の証拠を見せていない, 例えばデザインスケッチや裏付け証言, 半ば1960年代初頭の間に、日産内のスタッフによって与えられます。彼の自伝で何も、A.ゲルツファンベース」からの何もない. それを綴ってみましょう、本当の証拠はありません。唯一の虚無上に構築されたかに基づいて、この違和感を永続し続け…?神話が時間の経過とともに増えたのも不思議ではありません。偽のニュースは新しい現象ではありません。実際のデザインスケッチや裏付けとなる証拠がある一方で、明らかに、木村のサンセリフ外観デザインのために働くサポートし、これは却下されます、なぜですか?

When you look at what is written mainly within the western media (and the Japanese media too), from when the Silvia was exhibited in 1964 on-wards, Goertz’s input has a swing range from blatant mis-representation of the truth, to hardly anything, a footnote, about the already started project (e.g. in his autobiography), to the real truth saying the basis of the exterior design was already done before he arrived (in a Japanese magazine interview). Nothing written is consistent, even if the written or web media get it partially right by saying Goertz had a little input to the design, they fail to mention who actually did the vast majority of the work (e.g. Wikipedia).

あなたは主に西側メディアの中に書かれている内容を見てみると(と日本のメディアすぎ)、シルビアが1964年に展示されて以来、A.ゲルツ入力は真実の露骨な不当表示のスイング範囲を有し、非常に少ないです、すでに開始プロジェクトに関する脚注、(例えば、彼の自叙伝で), 彼は(日本の雑誌のインタビューで)到着する前に外観デザインの基本はすでに行われていたと言って本当の真実に。書かれたものは、一貫性がありません, 書面またはウェブメディアはA.ゲルツを言って、それは部分的に権利を取得場合であっても、デザインに少しの入力を持っていました、彼らは実際の作業(例えばウィキペディア)の大半をした人に言及していません。

He seemed to be a man with a big personal ego, a master at leading others to the conclusions that he wanted them to draw through his own smoke, by dropping little grains of the truth here and there without telling the whole story, nor the whole truth. All the mistaken conclusions drawn by others were never corrected as long as it would pamper his little known minor designs since his work for BMW. Especially during the early years after its launch, he exploited the fact that Japanese company staff were not going to be seeking any limelight in that period, and he exploited the very real language gap which meant that the truth about his real work in Japan was going to be obscured. When all the false “evidence” is put up to the smallest scrutiny, it is akin to trying to nail smoke to a wall, no substance. This is not meant to be a Mr Goertz bashing article, though he has not helped himself here, but trying to establish some form of facts.

彼は大きな個人的な自我を持つ男でしたが、彼はそれらが彼自身の煙を通して描きたかった結論に他の人をリードのマスター、全体的な話を伝えることなく、ここにある真実の小さな粒をドロップすることにより、真実全体もそうではありません。他の人によって描かれたすべての誤った結論は、限り、それはBMWのための彼の仕事以来、彼のあまり知られていないマイナーなデザインを甘やかすことになるように補正されませんでした。特にその打ち上げ後の初期年間に、彼は日本の会社のスタッフは、その期間内の任意の脚光を追求するつもりされていなかったという事実を利用し、彼は日本での彼の本当の仕事についての真実が隠されるとしていたことを意味非常に現実的な言語ギャップを利用しました。すべての偽の「証拠」が最小の精査に置かれると、それは壁に煙を爪しようとしているに似ています。 いいえ物質はありません。これは、氏ゲルツバッシング記事であることを意味しません, 彼はここで自分自身を助けていないものの、しかし、事実のいくつかのフォームを確立しようとしています。

The real substance and facts are staff within Nissan, with KIMURA san, had already started designing the Datsun 1500 Coupé prototype a few months before Mr Goertz (and he says so too) started his tenure, employed as only a design consultant. By the time Mr Goertz had arrived, the prototype designs were nearly finished. His first visit in May would have coincided with the final stages of the Nissan staff’s eventual Silvia design being handed to Yamaha in June. It was then that Albrecht Goertz would have offered his input, changing the “c” pillar to KIMURA san’s design. By the time Mr Goertz had his second visit, the body of the prototype would have been well and truly on its way to being built as the only exterior design (there were no others as sometimes alluded to), thus outside any input. On subsequent visits the Silvia prototype would have been either in the fitting up stage, or finished, and again outside any design input. So, is it safe to assume that his (Goertz) small contribution to the Silvia project would have been only on his first visit? What with being at Nissan HQ in Tokyo, the design department at Yokohama teaching clay modelling techniques, at Yamaha’s Hamamatsu site and following up other business opportunities (like with Fuji). His time actually doing any work would have been very short within his short Japan visits. We can’t dismiss he had an input on the car’s shape, e.g. losing the fastback, but this change of the “C” pillar does not make this car his design. Apart from his involvement in the clay modelling side of the things for Nissan, which is undisputed, the vast credit goes to KIMURA Kazuo, YOSHIDA Fumio and OGURA Hisateru (who was assistant to both) for their work on the exterior and interior.

実際の物質との事実は、木村さんと、日産内のスタッフです, 作業はすでに数ヶ月ダットサン1500クーペのプロトタイプを設計し始めました氏ゲルツの前に(と彼はあまりにも言う)任期を開始し、設計コンサルタントとしてのみ採用されています。氏ゲルツが到着した頃には、プロトタイプのデザインがほぼ完成しました. 5月の彼の最初の訪問は、日産のスタッフの最終的なシルビアデザインの最終段階が6月にヤマハに渡された時と同じでした。アルブレヒト・ゲルツは、「c」の柱を木村さんのデザインに変えて、彼の意見を提示していただろう。時間によって氏ゲルツは、二度目の訪問を持っていました, プロトタイプの本体は、唯一の外部設計(時に詳細を述べている他のものはなかった)として構築されている途中で、真に彼らは真に, したがって、ゲルトの入力の外に。その後の訪問でシルビアのプロタイプはフィッティング・アップ段階階にあっただろうが、または、終了しました, そして、再び任意の設計入力外。そう、彼(A.ゲルスツ)シルビアプロジェクトへの寄付が小さい、唯一の彼の最初の訪問であったであろうと仮定することは、それは安全ですか?東京の日産本社であること、クレイモデリング技術を教え横浜デザイン部門、ヤマハ浜松スタと(富士以下のような)他のビジネス機会を次のように。彼の短い日本訪問の中で、実際に仕事をしていた彼の時間は非常に短いだろう。我々は、彼が車の形状の入力があった却下することはできません, 例えば ファストバックを失って、しかしこの “C”の柱の変化はこの車を彼のデザインにしていない。別に日産のための物事のクレイモデリング側の彼の介入から、これは、文句なしです, 大きな信用は木村一男に行きます, 吉田文夫と小椋久照は、外装と内装に携わった。

Advertisements
%d bloggers like this: