Silvia production differences (シルビア生産の違い)

Here, I will see if I can document any differences between specific parts for the Silvia. During the Silvia production run, I would think there were changes made, to aid cost, ease of manufacturer and improving the Silvia model. If you have found some, I would love to hear what you have found.

私はシルビアのための特定の部分の間の任意の違いを文書化することができればここで、私が表示されます。私はコストを支援するために行われた変更、製造者の使いやすさとシルビアモデルの改善があったと思うだろう。あなたには、いくつかを発見した場合、私はあなたが発見したものを聞くのが大好きです.

The most obvious to Silvia owners is the change to the R series engine. This went from all cast iron engine with 3 main bearings, to a 5 main bearing engine with an aluminium cylinder head.

シルビアの所有者への最も明白なは、R型エンジンへの変更です。これは、3本の主軸受けを持つすべての鋳鉄製エンジンから、アルミ製のシリンダーヘッドを持つ5本の主軸受けエンジンへと移りました。

Combined with this move, the air filter box gained an inlet from the engine breather on the rocker cover. The air filter box changed colour too from red to blue.

この動きと組み合わされ、エアフィルターボックスは、ロッカーカバーのエンジンのエンジンからインレットを得ました。エアフィルターボックスが赤から青にすぎ色を変えました。どれでも、私は赤のエアフィルターの家は、ブリーザーパイプと、そらにあるとして、それは、徐々に変化したと思います。

But, I am more interested in the small, not so obvious changes. Here, is a small difference with the rim shape of the steering wheel.

しろ、私はもっと小さく、それほど明白ではない変更に関心があります。ここでは、ステアリングホイールのリム形状の小さい違いです。

Here is a difference in the brackets that hold the top radiator top brace to the bonnet uprights.

ここではボンネット支柱にトップラジエータートップブレースを保持ブラケットの違いがあります。

%d bloggers like this: