Introduction (導入)

18 lr

This site is dedicated to the first Nissan Silvia, a handmade pretty 2 seater coupe.

The Nissan Silvia could be deemed Japan’s/Nissan’s first attempt at a supercar (before the superlative Toyota 2000GT, exhibited later that year). Yes, by today’s standards it is slow, but back in 1965, it was expensive, beautiful, one of the fastest cars on the road at the time and exclusive. The production run lasted only about 4 years and only 554 were produced. It was never deemed to be mass production model and therefore can’t be seen as a failure, which it is tried to be betrayed by some.

A quote from a 1965 Silvia article “rather than a mass-produced sports car, it is a bespoke car …..”

The design and implementation of the Silvia, was a way of showing what Nissan could do, not just to its rival manufacturers, but also to the outside world. Before the Nissan Silvia, Nissan (just like other manufacturers) produced mainly practical, cheap, economical cars for the expanding Japanese economy, like the Nissan Bluebird series (model codes 410, 411). But within these firms, some designers wanted to spread their wings, looking at European designs (not just cars but classical architecture and other influences) combined with ideas of their own to produce exciting sports cars. This didn’t mean, as some like to imply, that the Japanese just copied European designs. More the fact, around the time of the early to late 1960’s, there was a certain “style” of sports car, with designers and manufacturers visiting Motor shows all over the world. E.g., the MGB and Datsun Fairlady 1500 roadster (model code SP310) are very similar, both designed separately. It is implied the 1500 roadster was a MGB copy, but in-fact the roadster was shown and launched before the MGB. Also, viewed from the present, a Nissan design concept in the late 1960’s (one of many) looked very much like a Maserati model, even though done without its influence or knowledge.

I see the Silvia conception to production as valuable learning steps in design, modelling, and production (of a handmade car) for Nissan, which, may have helped with their implementation of further concept designs and production cars, especially sports cars, probably including the S30 series.

このサイトは、最初の日産シルビア、手作りのかわいい2シータークーペに捧げられています。

日産シルビアは、日本の/日産初のスーパーカー(トヨタ2000GTの上級者がその年後半に展示される前)での最初の試みと見なすことができます。 はい、今日の基準では遅いですが、1965年には、高価で美しく、当時の路上で最も速い車の一つでした。 生産ランはわずか約4年間続いただけ554を作製しました。 それは決して量産モデルとはみなされなかったので、失敗と見なすことはできず、ある人によって裏切られようとしている。

1965年シルビア記事の引用, 「むしろ大量生産のスポーツカーよりも、それは…..別注車です」.

シルビアの設計と実装は、だけでなく、ライバルメーカーにだけでなく、外の世界に、日産は何ができるかを示すの方法でした。日産シルバーの前には、日産ブルーバードシリーズ(モデルコード410,411)のように、日本の経済拡大のための実用的で安価で経済的な車を主に生産していました。しかし、これからの企業では、エキササイジングなスポーツカーを生産するためのアイデアと組合のヨーロップのデザイン(車だけでなく古典的な建築やそのほかの影響)を見て、翼を広げたいデザイナーもいました。これは、日本人がヨーロッパのデザインをコピーしたということを示唆しているようなものではありません。1960年代初頭から頃までは、世界中のモーターショーにデザイナーやメーカーが出展しているスポーツカーの「スタイル」がありました。たたえば、MGBとダンテフェレディ1500ロードスター(モデルコードSP310)は非常によく似ており、両方とも別々に設計されています。1500年のロードスターはMGBのコピーだった暗示されていますが、中に – 事実のスターを示したとMGBの前に立ち上げました。また、1960年代後半の日産のデザインコンセプトは、現時点では、影響力や知識がなくても、マセラテモデルに非常によく似ていました。

日産に、デザイン、モデル化、生産(手作り車)の貴重な学習ステップとしてのシルビアの概念は、さることながらコンセプトデザインや生産車、特におそらS30を含むスポーツカーの導入に役立つかもしれませんせしシリーズ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: